新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 埼玉県とさいたま市は3月17日、県内に住む男女計5人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。このうちクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客だった熊谷市の60代男性は船内で陽性と判明し入院。陰性となって3月4日に退院したが症状が現れ、今回再び陽性と判定された。

 県によると、3月1日~13日に英国へ出張した志木市の40代男性会社員や、2月23日~3月1日にエジプト旅行でナイル川クルーズに夫婦で参加した深谷市の60代の男性団体職員と50代の妻も感染していた。

 さいたま市によると、同市の60代男性会社員が感染。同居の20代娘がエジプト旅行後、12日の検査で陽性となり、50代妻の感染も判明している。
 

関連記事