ドラッグストアのゲンキー=福井県福井市内

 ドラッグストアのゲンキー(本社福井県坂井市、藤永賢一社長)は3月16日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今春の就職内定を取り消された学生らを対象に、採用の募集を始めたと発表した。4月まで20~30人を上限に募る予定。

 新型コロナ関連で全国の旅行業やIT業などで採用内定取り消しが出ているとみられ、政府は13日、経団連や日本商工会議所など主要経済団体に対し、最大限の経営努力で回避するよう求めた。

 これを受け、同社は「内定が取り消された学生は混乱しているはず。地域住民に頼りにされるドラッグストアとして、採用面でも支えになりたい」(採用担当)と募集を決めた。

 高卒や大卒を問わずに募集し、選考方法は原則1回の面談を予定している。勤務地は福井、石川、愛知、岐阜4県の各店舗・事業所。住居から車で1時間内の通勤範囲の店に勤務する「レギュラー職」と、転居を伴う転勤のある「ナショナル職」がある。

 同社の2020年採用実績は270人(大卒207人、短大卒50人、高卒13人)となっている。

関連記事