小型無人機ドローンを用いた配送の試行で、郵便局の屋上から飛び立つドローン=17日午前、東京都奥多摩町

 日本郵便は17日、東京都奥多摩町で、小型無人機ドローンによる個人宅への郵便物の配送を試行した。人手不足への懸念が強まっており、配達業務の効率化につなげたい考えだ。将来的に、山間部などでの使用を想定する。

 ドローンは午前10時20分ごろに奥多摩町内の奥多摩郵便局を離陸し、約10分後に山間地の個人宅に到着。ゆっくりと着陸すると郵便物を置いて再び飛び立ち、往復約5キロを飛行した。日本郵便の担当者は「順調に飛行できた」と話した。

 ドローンの活用を巡り、日本郵便はこれまで福島県内にある郵便局間で社内書類を運ぶ取り組みなどを実施している。

関連記事