【論説】相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者の男女19人を殺害し、26人に重軽傷を負わせたとして殺人罪などに問われた植松聖被告の裁判員裁判で横浜地裁は死刑判決を言い渡した。

 弁護側は「大麻使用による精神障害で心神喪失状態だった」と刑事責任能力を否定し、無罪を主張していた。しかし、地裁判決は責任能力を認定し、その上で「19人もの人命が奪われたという結果は他の事例と比較できないほど甚だしく重大」と断じた。

 2カ月余りという限られた期間で審理を尽くす必要があり、やむを得ない面はあるだろうが、地裁判決が「被告の重度障害者への考えは勤務経験などからきており、了解可能」とした点には疑問が残る。

 というのも、植松被告が重度障害者について主張した「不幸のもとになっている」「国からカネと時間を奪っている。安楽死させれば、日本の借金を減らせる」などという、ゆがんだ差別意識がどのように形成されたのかなど、被告の動機の根底が十分に解明されたとは言い難いからだ。

 被告は12年12月に知人の紹介でやまゆり園に転職。当初は「入所者はかわいい」などとも話していたという。それが事件の5カ月前ごろから、知人らに「重度障害者は人間じゃない」「殺そうと思っている」などと口走りだした。

 園で働く中で、何があったのか。入所者にどう接していたのかなども、ほとんど明らかにならなかった。被告は小学生のころの同級生だった障害者について「周りの人が大変だなと思った」と話したこともあった。だが、家庭環境や成育歴などに関しても踏み込んだやりとりはなかった。

 遺族や負傷者の家族は無論、障害者と共に暮らしている人たちが抱いた「なぜ」に、明確な答えを出せなかったことには後味の悪さが残ったのではないか。

 被告は「カネが欲しかった」「野球選手か歌手になれたらそっちを選ぶ」などとも述べており、犯行は単なる我欲による思いつきにも見える。3年前に起訴されて以降、拘置所で報道関係者や識者らと度々面会に応じる中で、後付けで自らを正当化する論理を膨らませてきたとの指摘もある。

 判決前に被告は控訴しない意向を示している。意向に沿ってこのまま判決が確定すれば、社会がくみとるべき教訓はなく、被告の差別的主張のみが裁判記録に残ることになる。

 一方で裁判では、実名公表で遺族や家族らが差別や偏見にさらされるのを懸念して、被害者の大半が記号で呼ばれた。結論を急いだようにも思える裁判を含め「共生社会」へ道のりは厳しいとの印象は拭えない。

関連記事