柳澤織ネームが無償提供するマスクに付ける「花粉症なんです」タグ

 「せき込むと周囲に白い目で見られる。花粉症なのに…」―。新型コロナウイルスが感染拡大する中、こんな嫌な思いをしている人のために、マスクに「花粉症なんです」と明示するユニークなタグを柳澤織ネーム(福井県坂井市丸岡町猪爪)が製作した。布マスクを作るハンドメード作家らに無償提供し、縫い付けて活用してもらう。

 同社は衣料品のブランド名のタグやハンドメード作家向けの織ネームなどを製造している。

 「花粉症なんです」タグのきっかけは、柳澤治久社長(67)がフェイスブックで交流している県外のハンドメード作家からの依頼。「都市部では電車でせきをするだけで嫌な顔をされる。花粉症だと知らせるタグを作ってほしい」といった内容だった。

 すぐさま試作品を作り上げ、フェイスブックに画像を載せたところ、「ほしい」「面白い」など200件以上の反響があったという。タグの大きさは縦1・8センチ、横5センチ。白地に黒字のタグをはじめ、ピンク、青、クリーム色系の4種類を作製した。計約3千枚をハンドメード作家ら希望者に配る方針。

 さらに「ぜんそくの子ども向けにも作ってほしい」「『新型コロナに負けるな』といったメッセージ性のあるタグを」などの要望があり、花粉症タグの反響状況を見て今後対応を検討するという。

 柳澤社長は「感染拡大でぎくしゃくした時勢だが、タグで周囲の人がクスッと笑ってくれると、明るい雰囲気にもなる。世の中を元気づける動きが広がっていってほしい」と話している。

関連記事