消費者庁は10日、新型コロナウイルス感染症の予防効果をうたう健康食品などがインターネット上で増え、大半の商品は表示の根拠が乏しいとして、注意を呼び掛けた。タンポポ茶や、身に着けるだけでウイルスを除去するとうたった「空間除菌剤」など。同庁は販売業者に表示の改善を、サイトの運営企業に出品削除などの対応を、それぞれ要請している。

 ウイルスは特性が明らかになっていない点が多く、民間による試験も現状不可能なため、予防効果を表示できる客観性や合理性を欠いているとみられる。景品表示法違反や、健康増進法違反の恐れがある。

関連記事