3月9日、米ホワイトハウスの記者会見で、ペンス副大統領(手前右)と共に、新型コロナウイルスの感染対策について話すトランプ大統領(同左)(ロイター=共同)

 トランプ米大統領と握手したり大統領専用機エアフォースワンに同乗したりした下院議員2人が3月9日、新型コロナウイルス感染者と接触していたとして自宅待機をすると発表した。トランプ氏の検査の有無に関心が集まったが、ホワイトハウスは「大統領は感染者と接触していない」として受けていないと明らかにした。

 議員2人はコリンズ、ゲーツ両氏。2月末~3月初旬の首都ワシントン近郊での「保守政治行動会議(CPAC)」に参加し感染者と接触したという。同会議に出席して自宅待機を発表した議員は計4人となった。

 コリンズ氏は6日、トランプ氏が南部ジョージア州アトランタを訪れた際に握手。ゲーツ氏は9日、大統領専用機に一緒に乗った。米メディアによると、ゲーツ氏は先週末から、南部フロリダ州にあるトランプ氏の別荘で過ごしたという。

 トランプ氏とペンス副大統領もCPACに登壇し演説している。ペンス氏は9日、自身は検査を受けていないと明らかにした。
 

関連記事