佐藤希望

 フェンシング女子エペのグランプリ(GP)ハンガリー大会は3月7、8日、ブダペストで行われ、福井県勢は世界ランキング45位の佐藤希望(福井・武生商業高校出身、大垣共立銀行)が64人による決勝トーナメント1回戦で敗れ59位だった。

⇒佐藤選手も紹介、特設サイト「福井から東京オリンピックへ FUKUI × TOKYO 2020」はこちら

 佐藤は予選プール3勝2敗で予備トーナメントに回り、初戦の2回戦でカナダの選手に、3回戦でロシアの選手にともに15-14で競り勝った。決勝トーナメント1回戦はウクライナの世界11位の選手に13-15で屈した。

 東京五輪の種目別代表を決める選考レースで佐藤は日本勢トップ。GPは獲得ポイントがワールドカップ(W杯)の1・5倍になる。2番手の選手が予選敗退したため差を広げ、個人枠の切符獲得に近づいた。残る個人戦はW杯1大会となった。

関連記事