新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 佐川急便は3月9日、名古屋市港区の「港営業所」に勤務する宅配協力会社の60代の男性社員が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。業務をいったん停止し、トラックなどを消毒するため、営業所の集配業務に遅れが生じる可能性があるという。

 佐川急便によると、男性は7日、出社時の検温で発熱があったことから勤務せず医療機関を受診。8日に「陽性」と判明した。濃厚接触したとみられる従業員には自宅待機を指示した。

関連記事