福井市の2019年12月から2020年2月の降雪量と平均気温

 福井地方気象台は今冬(2019年12月~20年2月)の福井県内の天候をまとめた。暖かい日が続き、3カ月の平均気温は福井市6・6度、敦賀市7・9度。ともに統計を取り始めた1897年以降最も高くなった。降雪量も福井、敦賀の両市で平年の1割に満たず、記録的な暖冬となった。

 3カ月平均気温の平年値は、福井市4・1度、敦賀市5・5度。

 3カ月のうち、1月が特に気温が高かった。福井市が6・4度となるなど県内全10観測地点で最高を更新。2月も坂井市三国、福井市越廼で最も高い気温となった。

 降雪量は福井市7センチ(平年260センチ)、敦賀市16センチ(同205センチ)でともに2月に観測した。福井、敦賀市とも12、1月に降雪は観測されなかった。

 今冬が記録的な暖冬になったことについて気象台は「大陸からの偏西風が日本付近で北に蛇行したため、寒気が南下しにくかった」と分析している。

関連記事