剣詩噺で全国優勝経験がある山崎志織さん=福井県越前市

 3歳から剣詩舞を続ける福井県越前町の山崎志織さん(羽水高校3年)。朝日小学校6年のときには全国大会で優勝した経験も持つ。鍛えた心身で元気いっぱい走る意気込みで「学校の恩師や同級生、剣詩舞の先生に見てほしい」と笑顔を見せる。

 宗生流剣詩舞道会あさひ少年教室(越前町)で習う。「一番自己表現ができる場所」との思いで、15年間稽古に励んできた。中でも、地元の朝日地区発祥とされ、戦国武将が愛好した曲舞「幸若舞」には特別な思い入れがある。教員になるのが将来の目標といい「教壇で幸若舞のことも伝えたい」と目を輝かせる。

 聖火ランナーは友人の誘いで応募したら当選した。剣詩舞以外にも陸上、水泳、卓球とスポーツ全般が得意だ。「五輪では、陸上のリレー種目が楽しみ。観戦チケットは落選したけどテレビ中継は見たい」と笑った。

*2020年3月7日付の福井新聞に掲載した記事です

関連記事