サクラマス釣りを楽しむ人たち。今季は釣果不振が続いている=2月1日、福井県福井市六日市町の九頭竜川

 毎年、全国から大勢の釣りファンが訪れる福井県の九頭竜川のサクラマスが今季、釣れていない。2月1日に解禁したが、福井市の釣具店に寄せられた1カ月間の釣果は2匹と「例年の約10分の1」。台風の影響で卵がふ化できなかったのか、暖冬による海のえさ不足か、はたまた川へ遡上(そじょう)する時期が遅れているのか―。関係者は複数の要因が絡まっていると推測する。釣り人からは「簡単に釣れる魚ではないが、こんなに厳しい状況とは」との声が聞かれる。

 サクラマスは渓流魚のヤマメが海に下り成長した魚。産卵のため2~4月ごろ、生まれ育った川に遡上する。銀白色に輝く美しい魚体と、攻略法の難しさに魅了される人が多い。

 九頭竜川は日本海側で解禁日が早く、全国からファンが集まる“聖地”。九頭竜川中部漁協によると、5月31日までの解禁期間中毎年延べ1万4000人が訪れる。

 釣果報告が入る福井市の釣具店「越前フィッシングセンター」によると、九頭竜川では2月に2匹、3月は7日現在、1匹のみ。2006年に2月中の釣果がゼロだったことがあるが、それ以来の不振という。

 同店が把握するだけで1シーズン平均400匹は揚がっている中で、店主は「今シーズンは200匹に届くかどうか」と渋い表情だ。

⇒【D刊】専門家らの見方は…

関連記事