3枚重ねて細く巻く

新聞テント

 新聞紙は子どもたちの遊び道具としても大活躍。巻いたり丸めたり、ちぎったり…工作気分も味わえます。新型コロナウイルスの感染拡大が心配なこの時期、おうちでゆったり楽しんでみて。

■新聞テント

 約3日分の新聞紙とセロハンテープ(またはガムテープ)、輪ゴムで、子どもたちが大好きな“秘密基地”が作れます。

 (1)3枚重ねて細く巻き、巻き終わりの部分をテープで止めて棒状にする。7本作り、うち5本を支柱、2本を支柱の支えとして使う。

 (2)支柱分の5本を束ねて上から5センチほどのところを支点に放射線状に広げる。束になっている部分を輪ゴムで止め、支柱の下部を等間隔で残りの2本に貼り付け、テントの形にする。

 (3)側面に新聞紙を貼る。折り紙やはぎれで飾り付けるとよりワクワク! ※支柱を2本つなげるとより大きなテントができる。

■新聞ぐしゃぐしゃ

 小さい子はぐしゃぐしゃにするところから始めましょう。強く握ったり、やさしく振ったりすると音の変化も楽しめます。ぐしゃぐしゃにした後は、カラフルなテープを貼ってボールを作ると、遊びの幅が広がります。

■新聞びりびり

 今度は破いてみて! ちぎって投げて、ひらひら舞うときれいきれい(ちょっと掃除が大変)。指先が器用になってきた子は、どれくらい長くちぎれるか挑戦してみましょう。細く切っていくのがこつですが…。頭の運動にも◎。

関連記事