外食自粛ムード、福井の飲食店の今【ゆるパブ】

こんにちは。ベルベールというカフェと経営コンサルタントとWEB作成などいろいろやっているゆるパブメンバー平等(たいら)です。今回のテーマは新型コロナウィルスによる、飲食店が受ける影響と今後の対策についてです。コロナウィルス拡散による経済への影響は、本当に深刻なものです。もちろん飲食店も軒並み売り上げが減少しています。売上減少の理由として外出を控えなければいけないという意識が浸透してきたということ。特にビュッフェ形式などの不特定多数の人が直接ではないにしても触れなければいけない形式は大打撃です。

私たちイートイン中心の飲食店も人が動かないため単純に集客は減少しています。知人の店舗は以前から予約制のテイクアウトを行っているため、持ち帰りに関する問い合わせや売上は増えていると言っていました。お持ち帰りに関して、感覚的にですが問い合わせは3割増、売上も約3割増だと言っていました。消費税増税に合わせ、お持ち帰りの内容も絞り、効率化を行っていたため店内飲食は減っているもののお持ち帰りが増えてぎりぎりなんとかやっていけるようです。しかし、店内飲食だけの店舗は、もともとお持ち帰りはしていないため、今から始めたとしても周知の方法がなく苦戦しています。

個人的にですが、エリアごとに各自治体がお持ち帰りできる店舗をPRしてくれると助かるのですけどね(笑)

飲食店というものは、日ごろから衛生面に気を貼りながら運営しているので手洗いや消毒は当たり前のことです。それ以上に気を付けるとしたら、外から入ってきたお客様がウィルスを持ち込まないように玄関先にアルコール消毒を置いて、ポップなどで「アルコール消毒を行ってから入店ください」などの注意喚起を行うことです。また、この時期ちょっと辛いですが、店内換気を行い、それに対してお客様も理解を示していただけるといいですね。

今回の件で、思い知ったのが「イベントの中止」による影響だと思っています。今までイベントがあることで、集客がイベントに流れ売上が減少すると思っていました。しかし、逆にイベントがあるおかげで「外出する理由」になっていたということを痛感しました。飲食店だけではないのですが、そこに行く理由がお客様には必要です。イベントに参加することで外出する理由ができる、外出したからご飯は外で食べていこうなど飲食店に行く理由もできるということです。

今回知人の店舗がお持ち帰りの問い合わせと売上が増えた理由は、「外食したいけど不特定多数の人が密集する空間に行ってはいけないから、持ち帰って家で外食の味を楽しもう」ということだと思います。これまでたくさんの災害に見舞われていますが、災害があるたびに経済は打撃を受けます。その打撃に対して備え工夫するということを今後も考えていくべきですね。
 

関連記事