【エルサレム共同】パレスチナ自治政府は5日、ヨルダン川西岸の自治区で初めて新型コロナウイルスの感染が確認されたと発表した。感染者は自治区ベツレヘムにあるホテルの従業員7人。

 自治政府はイエス・キリスト生誕の地に建てられたとされるベツレヘムの人気観光地、聖誕教会を閉鎖し、西岸のホテルに外国人が宿泊することを禁止した。

 一方、イスラエル政府は新たに2人の感染が確認され、感染者は計17人になったと明らかにした。

関連記事