新県繊協ビルの起工式であいさつする繊協ビル同業会の中村会長=3月4日、福井県福井市大手3丁目

 福井県繊協ビル(福井市大手3丁目)建て替え工事の起工式が3月4日、現地で行われた。4月から本格的な工事に入り、2021年7月末に完成する予定。

⇒【D刊】新繊協ビルの完成予想図

 新しい県繊協ビルは、現在のビル東側にある駐車場部分に建設する。10階建てで、延べ床面積は約9600平方メートル。既存テナントを中心に、仮申し込みも含めて現時点で約7割が埋まっているという。

 2階は医療関係、3~4階は学習塾、5~9階はオフィスフロア、10階はレストランやホールが入居する予定。1階は飲食店の誘致を目指している。屋上ではビアガーデンを計画している。

 起工式には関係者約40人が出席。県繊協ビル同業会の中村龍男会長は「この繊協ビルは同業会のみならず、繊維関係団体にとっても歴史的に大きな意義を持つ建物。福井市の中心市街地でも大きな役割を果たしてきた。工事の安全と建物の無事完成を願いたい」とあいさつした。

 新繊協ビルの西側には6階7層の立体駐車場を整備し、2023年7月に完成予定。新繊協ビル南側には和風ビジネスホテル「御宿野乃(おんやどのの)福井」が同年10月にオープンする予定。

関連記事