福井県庁=福井県福井市

 福井県立高の2020年度一般入試は3月5、6の両日、全日制24校と定時制7校で行われる。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため中学や高校が一斉休校している中での実施で、会場の各高校では座席の間隔を広げるなどの対策が取られる。

⇒【D刊】各校の倍率はこちら

 全日制の出願者は3884人で、募集人員3963人に対する倍率は0・98倍。定時制(募集定員350人)は167人が志願している。

 各高校では受験生同士が1メートル以上離れるよう座席を配置。受験生には、中学を通してマスク着用を呼び掛ける。受験生が感染した場合には、回復後に受験日を設けるなどして対応する。

 英検取得級による加点は今回で最後となる。全日制7校9学科で準2級以上、そのほかの学科・コースと定時制は3級以上の受験生に一律5点を加点する。また、英語と数学の大問4~6問のうち1~2問で難易度別問題がある。

 全日制、定時制ともに5日は国語、英語、数学、全日制は6日に社会、理科の学力検査があり、一部の学校では面接や作文がある。インフルエンザなどで欠席した場合の追検査は9、10日。合格発表は12日。

 問題や解答例、問題分析は6、7日付の本紙に掲載する。

関連記事