敦賀気比高校のホームページ。大きな文字で「そういう事実は全くございません」と記されている

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の拡大に伴い、感染者が確認されていない福井県内でも感染者が出たかのような信ぴょう性のない情報が会員制交流サイト(SNS)を中心に流れている。3月3日時点で県内に感染者は確認されていない。県は「感染者が確認されたら速やかに情報を発信する。うわさに惑わされないで」と冷静な対応を呼び掛けている。

 「福井でも10数人、感染者いらっしゃるらしいです」「○○(県内の病院名)に感染者を隔離しているといううわさが流れてきたが本当かな」。ツイッターでは今も、こうした情報源不明のデマが流れる。中には「ツイッターでは感染者いるっていうけどネットニュース見るとまだ出てない…どっち信じるべき?」という書き込みもある。

 県保健予防課によると、県内では2日までに感染の有無を調べる遺伝子検査を42人が受け、3日時点で全員が陰性だった。しかし、ほぼ毎日、感染者の有無を確認する電話が県に入るという。同課は「不確かな情報は不安をあおり、混乱を招く。やめてほしい」と訴える。

 学校が巻き込まれるケースも出ている。敦賀市内では「敦賀気比高の生徒が感染した」などと事実と異なるうわさが2月に流れた。同校は「現時点でそういう事実は全くございません」とホームページにメッセージを掲載し否定した。

 同校によると、2年生が沖縄県での修学旅行を終えて学校に帰ってきた2月14日、沖縄県のタクシー運転手が感染したとの発表があった。この日、生徒が利用したタクシー業者と違う業者だったことを確認し、念のため生徒の健康観察を行うことを県内の関係機関に報告したという。

 だが、人づてにデマが広がり、ツイッターにも書き込まれた。森川直樹教頭は「(うわさは)1、2日ほどで消えると思ったが長引いている」とし、学校を出入りする業者からも「大変ですね」と声を掛けられたという。「どこからどう伝わったのか分からないが迷惑な話。放っておこうと思ったが、はっきり打ち消すためにもホームページに出さざるを得なかった」と困惑した様子で話した。

 災害時の悪質なうわさを巡っては、2016年の熊本地震で「動物園のライオンが逃げ出した」とツイッターでデマを流し、動物園の業務を妨害した疑いで逮捕者が出ている。

関連記事