小中高校生の利用が少なく、閑散としている館内=1日、福井市の県立図書館

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、日曜の3月1日は普段なら子どもや家族連れでにぎわう県内施設が閑散としていた。人が密集しにくい屋外施設でも、親子は細心の注意を払って遊んでいた。図書館では2日以降の長い休みに備え、本を借りる家族連れらの姿が目立った。

⇒【写真】閑散とした福井県内の施設

 高校生以下の利用自粛を呼び掛けている県立図書館(福井市)は、普段の週末は開館前から中高生ら200~300人が列をつくるが、1日は子どもの姿がほとんどなかった。この時期、受験勉強の生徒で満席になる自習スペースは4人席に大人が1人ずつ座り、本を読んでいた。

 同図書館は休校措置を受け、自宅で過ごす時間が増えることを考え、1回当たりの貸出冊数を通常より5冊多い15冊に増やした。2月29日の来場者数は2~3割減だったが、2月土日の平均より千冊以上多い約4500冊の貸し出しがあった。2人の娘がいる女性(40)=福井市=は「休校になったから、いつもより多めに」と30冊借りていた。

 ワイプラザ新保(福井市)内の親子向け室内遊園地「あそびマーレ」の利用者は20人程度で、スタッフは「普段の日曜は200人程度でにぎわうんですが…」。同施設は2日から13日まで休業する。

 臨時休館となっている県児童科学館(坂井市)では、冬場の貴重な好天にもかかわらず、屋外広場で遊ぶ子どもらの姿が普段より少なかった。6歳の男児ら3人を連れて訪れた福井市の女性(35)は「人が多いショッピングセンターは行きたくないし、外なら人との距離感があるので」と来場理由を明かした。子どもが遊具に触れることを考え、飲食物は持ってこなかった。

 同館は「子どもたちの安全を第一に考え、感染拡大防止のため、できれば屋外広場への来場も控えていただきたい」としている。

 多くの子どもが訪れる県立恐竜博物館(勝山市)や県立こども歴史文化館(福井市)など15の県有施設は15日まで休館で、県児童科学館に家族で来ていた男性(39)は「春までは天候が悪い日が多く、閉館が続けば遊ばせる場所に不便が出てくる」と心配そうに話した。

関連記事