新型コロナウイルス感染防止に向けた取り組みや方針が報告された対策本部会議=2月29日、福井県の福井市役所

 新型コロナウイルスの全国的な感染拡大を受け福井県福井市は2月29日、対策本部会議を設置し、市役所で初会合を開いた。足羽山公園遊園地や子育て支援センターの休園、閉鎖などが報告された。

⇒新型コロナで中止の福井県内イベント

 足羽山公園遊園地は屋内施設「ハピジャン」を含め3月15日まで休園とした。1日に予定していた冬季休園明けの催しも中止になった。市内12カ所の子育て支援センターは2日から2週間程度閉鎖する。

 対策本部会議はこれまでの警戒会議を格上げ。本部長の東村新一市長をはじめ部局長ら約60人が出席し、現在の対応状況や今後の方針を共有した。小中学校休校に合わせて体育館の開放事業を中止することや、観光・文化施設への高校生以下の利用自粛を呼び掛けていることが報告された。

 市の行事開催や施設開所状況は市ホームページで確認できる。

関連記事