29日、マレーシアのクアラルンプールで、国王と面会するために自宅を出るムヒディン元副首相(AP=共同)

 【クアラルンプール共同】マレーシア王室は29日、国王が下院の与野党代表者に意向を確認した結果、ムヒディン元副首相を次期首相に任命することを決めたと発表した。3月1日に宣誓式が行われ、マハティール暫定首相と交代する。

 マハティール氏が2月24日に突然辞任してから次期首相の選出を巡り、与野党が激しい駆け引きを展開、同国政治は混乱状態に陥っていた。

 憲法に基づき、国王が「下院で過半数の支持を集められる」と判断できる下院議員を首相に選出するため、各党から推薦を受け付けていた。

関連記事