29日、新型コロナウイルスの感染が広がる韓国南東部の大邱で陸軍が実施した防疫作業(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国政府は29日、国内の新型コロナウイルスの感染確認者が1日で813人増え、計3150人になったと明らかにした。南東部・大邱が大半の計2236人を占める。同日まで計約9万4千人を対象に大規模な検査が実施されており、うち約3万5千人の検査結果が出ていない。感染者数の増加は続く見通しだ。

 感染者数はソウルが計77人、南部・釜山が計80人で都市部でも増え続けている。韓国内の死者は計17人。新興宗教団体の信者らによる集団感染が起きている大邱では、感染者用の病床が不足している。

 日本外務省は28日、韓国全土を対象に感染症危険情報レベル1を出した。

関連記事