テレビ番組の同時配信サービス「NHKプラス」が映されたスマートフォンの画面

 NHKは3月1日から、テレビ番組を放送と同時にインターネットに流す新サービス「NHKプラス」を試験的に始める。放送終了後の番組を1週間見られる「見逃し番組配信」や、放送の途中でも冒頭から視聴できる「追い掛け再生」機能も含む。利用の申し込みは1日から専用のホームページやアプリで受け付ける。

 スマートフォンなどで広く番組を見てもらい、テレビ離れに歯止めをかけるのが狙い。放送と通信の融合が本格化する。

 同時配信するのは、総合テレビとEテレの著作権など権利処理が済んだ番組で、午前7時から1日17時間程度。放送の受信契約をしている人が対象。

関連記事