臨時休校が決まり、急きょ開かれた全校集会=2月28日、福井県内の中学校

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた国の一律休校要請を受け、福井県内全ての国公立小中高校、特別支援学校、義務教育学校が3月2日から3日にかけて臨時休校に入ることが2月28日決まった。期間は春休みまでで、4月上旬の入学式まで休みが続く見通し。仕事で子どもを見ることができない家庭を考慮し、放課後児童クラブの受け入れ態勢を充実させる市町もある。

 ⇒卒業生と在校生、突然の別れ

 ⇒迫る受験、1人は不安

 福井県教育委員会は28日、県立高校と特別支援学校を3月2日から休校とすることを決めた。3月5、6日の県立高校一般入試は感染防止対策をした上で予定通り実施する。受験者が感染した場合は、26日の取り決め通り回復後に受験日を設ける。

 県や市町の教委は27日夜の安倍晋三首相の突然の休校要請を受け、朝から対応に追われた。

 決断までの時間は限られ、市町の対応は分かれた。敦賀市や越前市など12市町教委は2日から小中学校を休校する。福井市、永平寺町、高浜町は2日午後から、美浜町と若狭町は3日から休校に入る。各教委はそれぞれ登校日や家庭訪問など、期間中の対応を検討している。

 卒業式はほとんどが規模を縮小して行う予定。中高の部活動は当面行わない。県教委などは学習塾やスポーツクラブなど人が集まる場所への外出は自粛するよう呼び掛け、休校期間中は家庭で過ごしてほしいとしている。

 各市町教委は、保護者が仕事に行かなければならない場合などに、小学校または放課後児童クラブを朝から開放する。原則低学年の児童(約9千人)が対象。特別支援学校の児童生徒の障害の特性などによりやむを得ない場合も、学校や寄宿舎を開放し教員らが対応する。

 多くの保育所、幼稚園、こども園は2日以降も開所。福井市や鯖江市の公立幼稚園は休園する。

 県立学校の臨時休校は28日に県庁で開かれた新型コロナウイルス感染症対策本部の会議で報告された。

関連記事