石川県は2月28日、県内に住む50代の男性会社員が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。発熱などの症状はない。既に感染が確認された男性2人と同じ会社に勤務しており、今月中旬のパリ出張で行動を共にしていた。

 男性は25日から在宅で健康観察をしており、28日に県保健環境センターの遺伝子検査で陽性と判明した。県が詳しい行動歴を調べている。

関連記事