新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 広島県の湯崎英彦知事は2月28日、政府が週明けから春休みまでを休校するよう要請したことを受け、県内の公立の小中学校、高校を臨時休校とする方針を示した。保護者が仕事を休めない場合、学校での受け入れも検討する。

 湯崎知事は「医療や介護従事者が休むと病院機能が失われる恐れがある。そのような家庭の低学年の児童については学校で受け入れられないかなど対応を考えたい」と述べた。

関連記事