新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、週明けから春休みまでを休校とする政府の要請に対し、東京都教育委員会が基本的に受け入れる方針を都立の高校や中等教育学校、特別支援学校に通知したことが2月28日、関係者への取材で分かった。公立の小中学校を管轄する市区町村教委にも都教委の対応を参考に判断するよう通知し、同調を求める見通し。

 小池百合子知事は同日朝、政府の要請への対応について「調整中。しかるべきところで発表する」と述べた。

 都立学校では感染拡大防止を目的とした臨時休校の趣旨を児童、生徒に理解させ、人の集まる場所への外出を避けて基本的に自宅で過ごすよう指導。3月2日以降に予定されていた学年末考査は実施せず、成績については原則として1、2学期の成績や3学期の学習状況などを基に決める。部活動も実施しない。

 卒業式や修了式は規模を縮小するなどして実施。特別支援学校では、保護者の事情から自宅などで過ごすことが困難な幼児、児童、生徒については支援態勢が整うまでの間、学校で過ごせるよう配慮を求める。

関連記事