新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 埼玉県は2月28日、肺炎拡大に伴う政府の休校要請を受け、県立中学、高校を3月2日から春休みまで休校とし、市町村立の小中学校と高校には、休校とするよう求めると発表した。仕事を休めない保護者がいることを踏まえ、休校期間も日中、子どもを学校施設で受け入れる方針。

 特別支援学校は、子どもへのサポートが必要なため、当面、活動を継続する。

 大野元裕知事は休校要請について「あまりにも唐突。準備が行われないままで違和感もある」と記者団の取材に述べた。休校を求めながら放課後児童クラブ(学童保育)の開所を要請したことには「防疫措置として十分なのか。もう少し議論があっても良かった。理解が困難だ」と苦言を呈した。

関連記事