28日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台半ばで取引された。

 午前10時現在は前日比60銭円高ドル安の1ドル=109円50〜51銭。ユーロは19銭円安ユーロ高の1ユーロ=120円42〜43銭。

 新型コロナウイルスの感染が世界各地に拡大していることを受けて、リスク回避の動きが広まり、比較的安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となった。

 外為ブローカーは「感染拡大が日本経済に及ぼす懸念も大きく、さらに円高が進行する展開にはなりにくそうだ」と指摘した。

関連記事