新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 萩生田光一文部科学相は2月28日の閣議後記者会見で、小中高校の一斉休校について「地域や学校の実情を踏まえ、さまざまな工夫があっていい」と述べ、休校の時期や期間について各地の教育委員会などで柔軟に判断するよう求めた。

 また、一斉休校について「実効性担保のため、児童生徒は基本的に自宅で過ごし、不要不急の外出をしないよう関係省庁に協力を求める」と述べた。

関連記事