新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け福井県は2月27日、3月4日にサンドーム福井で予定していた合同企業説明会の中止を決めた。福井新聞社も「Step…ing(ステッピング)2021合同就職セミナー」(3月2日、サンドーム福井)を中止した。本格的な就職活動のスタートとなる3月に、大型の合同企業説明会が軒並み中止となる事態となった。

 県による「ふくい合同企業説明会」は、県内262社、学生1200人の参加を見込む県内最大規模の就活イベント。同時開催の保護者向け就職対策セミナーも中止した。県定住交流課は「政府の自粛要請の期間でもあり、学生や企業関係者の健康と安全を第一に考え判断した」としている。

 代替措置として、県が作製した企業情報誌約3500冊を県内外の福井県出身学生に送付するほか、福井市のアオッサ内にある「Fスクエア・キャリアナビセンター」や各Uターンセンター(福井、東京、大阪、名古屋)での相談を随時受け付ける。10社程度の小規模なイベントも検討する。

 福井新聞社の合同就職セミナーは、県内142社が参加予定だった。就職に関する情報は紙面やインターネットを通じ、引き続き発信していく。

 就職情報会社「マイナビ」も26日、福井会場(3月5日、福井市の県産業会館)を含め、3月1~15日の新卒対象の合同企業説明会を全47都道府県で中止すると発表した。障害がある学生や外国人留学生対象の一部イベントは延期する。ネット上でのセミナーで情報提供できるよう、準備を進めるとしている。

関連記事