福井県庁=福井市大手3丁目

 福井県が設けた新型コロナウイルスに関する相談窓口への相談が大幅に増加し、2月25、26日の2日間は計342件あった。21日以降に石川県で感染者が相次いで確認されたことが影響しているとみられる。このうち16人が感染の有無を調べる遺伝子検査を受け、全員が陰性だった。

 検査を受けたのは通算32人となった。27日の県議会で杉本達治知事が報告した。 県保健予防課によると保健所7カ所に設置した相談窓口に、25日188件、26日154件の相談があった。振り替え休日の24日は60件だった。

関連記事