JR西日本は新型コロナウイルスに感染した50代の男性が2月21日と24日、北陸線の特急しらさぎ号に乗り、小松駅(石川県小松市)から米原駅(滋賀県米原市)間を往復していたと27日発表した。利用駅は消毒された。

 男性は21日、小松駅午後7時11分発のしらさぎ16号に乗り、午後8時55分に米原駅に到着した。

 24日は、米原駅午後5時56分発のしらさぎ59号に乗り、午後7時半に小松駅に到着した。

 JR西日本は列車の消毒も行う。

関連記事