福井大学工学部数学の問題分析2020

 【福井大学工学部数学の河合塾問題分析】2019年は小問集合があったが、2020年はすべて大問となった。難易度は2019年と同じであった。

 [1]は図形と漸化式の融合問題で誘導が丁寧なので難しくない。

 [2]は数学3の微分法・積分法の融合問題で三角関数を含んだ曲線をx軸で囲まれた面積を求める標準的な内容であった。ぜひ完答したい問題である。

 [3]は平面ベクトルの問題で垂直条件を使う標準的な内容だが、計算が面倒であった。最後の設問は前の設問を利用するとよい。

 [4]は確率の問題で昨年に引き続き条件付き確率が出題されたが、内容は頻出であり、ぜひ完答したい問題である。昨年度に続き数列、確率、数学3が出題されており、頻出分野である数学3は演習をたくさんしておこう。

⇒福井大学工学部物理、難易度やや易化

⇒福井大学医学部数学、難易度やや易化

⇒福井大学教育学部数学の問題分析

⇒福井大学国際地域学部英語の分析

⇒福井県立大学英語、難易度前年並み

関連記事