一時2万2000円を割り込んだ日経平均株価を示すモニター=27日午前、東京・東新橋

 27日午前の東京株式市場は、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染拡大に警戒感が強まり、ほぼ全面安の展開となった。日経平均株価(225種)は大幅続落し、下げ幅は一時400円を超え、取引時間中として約4カ月半ぶりに節目の2万2000円を割り込んだ。

 午前終値は前日終値比401円14銭安の2万2025円05銭。東証株価指数(TOPIX)は30・71ポイント安の1575・46。

 前日の米ダウ工業株30種平均は、一時上昇する場面はあったものの、欧州や中南米を含む世界各国への新型肺炎の拡大懸念を背景に続落して取引を終えた。27日の東京市場もこの流れを引き継いだ。

関連記事