新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 北海道釧路市の釧路労災病院は2月27日、25日に新型コロナウイルスの感染が確認された70代男性が、院内で感染した可能性があると明らかにした。男性は1月中旬から今月26日に別の医療機関に転院するまで同病院に入院していたため、院内感染が疑われるという。

 同病院によると、27日までに別の患者や職員に異常はないという。濃厚接触した職員を26日から自宅待機にしており、検査を実施した。検査結果はまだ出ていない。

 男性は同病院に誤嚥(ごえん)性肺炎で入院。1月下旬から、他に3人の患者がいる4人部屋にいたが、今月23日に容体が急変した。

 道によると、男性は人工呼吸器を装着しており症状は「重篤」としている。道は院内感染の可能性や濃厚接触者を調査している。

関連記事