桃の節句を前に、次々と出来上がる男女びなの和菓子=2月26日、福井県福井市舟橋1丁目の「さぶや菓舗」

 3月3日の桃の節句を前に、福井県福井市舟橋1丁目の「さぶや菓舗」で男女びなをかたどった和菓子作りがピークを迎えている。薄緑色とピンク色の姿が愛らしく、ほんのりとした甘い香りを漂わせている。

 さぶや菓舗は、季節に合わせた和菓子作りに工夫を凝らしている。男女びなと桜餅の「おひな様セット」はその一つ。2月26日は、白あんに色を付けて計約120個を作った。こしあんでかたどった“髪形”はそれぞれ異なり、個性を演出している。

 従業員の女性(54)は「見て良し、食べて良し。ひな祭りで楽しく味わってもらえれば」と話している。販売は3月3日まで。

関連記事