徳島県庁で開かれた危機管理対策本部会議=2月25日午後11時20分

 徳島県は2月25日、同県藍住町の60代女性1人が新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。四国での確認は初。県によると、女性はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から20日に下船し、県内に戻っていた。症状はないという。下船時は陰性だった。

 厚生労働省によると、クルーズ船での検査で陰性だったが下船後に感染が判明したのは、栃木県の女性に続いて2人目。

 県によると、女性は下船後に電車や航空機、自家用車を使って帰宅した。移動中はマスクを着け、帰宅後は自宅から出ていないという。県は接触者の調査を進める。26日に入院する予定。一緒に乗船していた夫は検査したが陰性という。

 県は25日深夜、副知事ら県の幹部や県警本部長が出席し危機管理対策本部会議を開催。飯泉嘉門知事も東京からテレビ会議で参加し、「今後は県内の感染拡大を防ぐために全力を尽くす」と話した。近隣の府県ではこれまで、和歌山や大阪などで感染者が確認されていた。

関連記事