新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルスによる肺炎への効果が期待されているエボラ出血熱の治療薬、レムデシビルに関して、中国政府は2月25日、実施中の臨床試験の結果を4月27日に公表できるとの見通しを示した。記者会見で知的財産部門の高官が述べた。

 レムデシビルは米製薬会社が開発中の薬。日本でも承認を目指し、3月にも臨床試験を始める見込み。湖北省武漢市の複数の病院で重症から軽症まで多数の患者に投与し、効果があるかどうかを確かめている。高官は臨床試験の結果に強い関心を寄せていると述べ、米製薬会社が中国で特許の申請作業を進めていると明かした。
 

関連記事