新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 長野県は2月25日、県内在住の60代の会社役員男性が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。県によると、同県での新型コロナウイルス感染確認は初めて。入院中だが、重症ではなく、会話ができる状態という。

 男性は2月14日から17日まで北海道内に、その後19日まで東京都内に、会社の用事で滞在していた。単独で行動していたとみられ、その間はマスクを着用していたという。21日に37~38度台の発熱があり、県内の医療機関を受診した。24日に別の医療機関を受診し入院。検体を採取し、25日に陽性が判明した。

 本人の申告によると、発症前2週間以内に海外への渡航歴はない。男性は家族がおり、20日には短時間、役員を務める会社に出社した。県は家族や社員らを含め、誰が濃厚接触者に当たるかを調査している。

関連記事