新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルスによる肺炎患者が国内で大幅に増える事態に備え、政府が策定を進めている基本方針案が2月24日、明らかになった。患者が大幅に増えた地域では一般の医療機関でも患者の受け入れを検討することが柱。

 基本方針案によると、患者が増えた地域では「濃厚接触者」の健康状態を観察していく対応を縮小して、広く外出自粛を求めていく。

関連記事