新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 JR東日本は2月24日、神奈川県相模原市で22日に新型コロナウイルスへの感染が確認された50代の男性は、横浜線相模原駅(相模原市)で勤務するグループ会社の社員だと明らかにした。

 同社は22日に感染を把握したが、公表が24日になったことに関し「自治体が公衆衛生上の必要性とプライバシーのバランスを考慮して公表するものだと判断した。事業者としては差し控えていた。公共性に鑑みて公表を決めた」と説明した。市は22日、男性を含む家族4人の感染を公表した。

 JR東によると、男性はJR東からグループ会社への出向で、主に相模原駅の事務室で事務作業を担当しており、接客業務には当たっていないという。16日に体調不良を感じて受診。17日以降休んだ。

 社員は16日、いずれも相模原市内の相模線上溝駅と原当麻駅で臨時に仕事した。午前中に上溝駅の事務室で券売機のメンテナンスに立ち会った。原当麻駅では午後2時45分から約30分間、ホームでマスクを着用して列車の安全確認をした。

 JR東は既に相模原、上溝、原当麻の3駅で、事務室や手すり、エスカレーターのベルト、エレベーターのボタンなどを消毒した。相模原駅のほかの駅員2人に一時微熱があり、自宅待機にしている。男性と接触があった社員は25日以降、検査する。

 相模原駅は、相模原中央病院の最寄り駅の一つ。同病院には感染が確認された後に死亡した80代女性が一時入院し、女性看護師らの感染も判明している。

関連記事