新北陸トンネル

 2023年春の開業に向けて整備中の北陸新幹線金沢―敦賀間で、難工事区間の一つとされている福井県内の新北陸トンネル(約19・7キロ)の貫通予定時期が当初予定の4月ごろから2~3カ月遅れ、今年6~7月ごろにずれ込むことが2月21日、分かった。想定よりトンネル周辺の地盤が脆弱なため。建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構は、現時点で開業時期への影響はないとしている。

 南越前町から敦賀市へと至る新北陸トンネルは、六つの工区に分けて掘削。全体の掘削率は98%で既に5工区は貫通しており、敦賀市の田尻(約2・1キロ)を残すのみとなっている。

 最後の田尻工区はこれまで、2020年4月ごろの掘削完了を予定していた。しかし、地表からトンネル天井部まで間の地質に、想定以上にもろい場所があることが判明。崩落しないよう慎重に掘り進める必要が生じたという。

 北陸新幹線のトンネル工事を巡っては、あわら市の柿原トンネル(約2・5キロ)で2017年9月に崩落事故が発生し、当初の予定より貫通が約3カ月遅れた。同機構は敦賀開業に向けて「貫通は遅れるが、影響が生じないよう着実に工事を進めたい」としている。

 新北陸トンネルを含め金沢―敦賀間にはトンネル12本が設けられ、既に柿原トンネルを含め10本が貫している。

関連記事