新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 加藤勝信厚生労働相は2月22日夜、記者会見を開き、新型コロナウイルスによる肺炎の治療のため、新型インフルエンザ治療薬の「アビガン」の患者への投与を同日始めたことを明らかにした。

 エボラ出血熱の治療薬についても承認を目指し、3月にも臨床試験を始めるとした。

 アビガンは、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスのような「RNAウイルス」の増殖を抑える効果が期待されている。加藤氏によると、ほとんどの人が免疫を持たない新型インフルエンザの発生に備えて約200万人分が備蓄されている。

 ただし動物実験で胎児に奇形が出る可能性が指摘されており、妊婦や妊娠している可能性のある女性は対象外。

 加藤氏は22日午前のテレビ番組で「これまでのインフルエンザなどに活用した薬で使えるものがあるのではないかという話も海外から入ってきている。できることはやる」と述べていた。

関連記事