新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 新型コロナウイルス感染が確認された千葉県在住の70代女性が、2月16~18日に観光に訪れていたことが判明した富山県は22日、県内での濃厚接触者が5人確認されたと明らかにした。5人に発熱などの症状はないが、いずれも22日に遺伝子検査を行う予定で、結果は23日に判明する見通し。

 富山県によると、5人は、女性が参加した観光ツアーのバス運転手と宿泊施設の従業員4人。運転手は県内在住で、従業員の居住地と宿泊施設の所在地はプライバシーや風評被害の観点から明らかにしていない。

 22日に開いた対策本部会議で石井隆一知事は「引き続き濃厚接触者の特定を急ぐ」と述べた。

関連記事