千葉市立中学校の女性教員が新型コロナウイルスに感染した件で記者会見する熊谷俊人市長=22日午前、千葉市役所

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が拡大する中、千葉県は22日、千葉市立中学校の60代女性教員を含む2人の感染を確認したと発表した。21日には北海道で10歳未満と10代の小学生の兄弟の感染も判明。小中学校など教育現場にも感染が広がっている可能性がある。

 千葉市によると、女性教員の通う中学校は連休明け25、26日の休校と、部活動中止などの対応を決め、関係者に不要不急の外出を控えるよう一斉メールを送った。

 女性教員は12日に医療機関で風邪と診断され、19日に入院。21日の検査で陽性と分かった。海外渡航歴や患者との接触は確認されていない。

関連記事