手洗いが不十分になりやすい箇所

 せっけんを使ったこまめな手洗いは、新型コロナウイルスをはじめ多くの感染症の予防に有効だが、しっかり意識しないと洗浄が不十分になりがちな箇所がある。看護専門誌に発表された研究によれば、親指とその付け根、指先、手のひらのしわ、指の間などが最も不十分になりやすい。手首もそれに次ぐ。

 消費者庁が2015年、16~65歳の男女2千人に手洗いの習慣を尋ねたところ、意識して洗う箇所(複数回答)として、指と指の間(55%)、指先(47%)、爪と皮膚の間(46%)は比較的多かったが、手首(22%)や親指の付け根(30%)はやはり少なめだった。

 1日に手を洗う回数で多いのは5回が19%、3回と10回がいずれも15%とばらついたが、心配なのは、家庭で食事前に必ず手を洗う人が53%と約半数にとどまり、トイレ後に手を洗わないことがある人が15%もいたこと。調査から4年余り。新型肺炎をきっかけに、良い習慣を身に付けたい。

関連記事