新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 福岡県福岡市は2月20日、同市に住む無職の60代男性1人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。重症ではない。最近の海外渡航歴はなく、市は感染経路を調べている。九州での感染確認は初めて。

 ⇒新型コロナウイルス感染予防対策Q&A

 市によると、今月13日から発熱があり、市内の医療機関を受診。自宅療養後の同19日、発熱が続くため再度の受診でエックス線検査をし、肺に影が確認された。その後、感染症指定医療機関に入院した。食事は取れているという。

 同居の妻と子ども1人には発熱などの症状はないが、感染の有無を調べている。

 ⇒新型コロナウイルスの症状とは

関連記事