ブルームバーグ前ニューヨーク市長が映し出された民主党候補者討論会の記者室のテレビ画面=18日、米ネバダ州ラスベガス(ロイター=共同)

 【ラスベガス共同】11月の米大統領選で政権奪還を目指す民主党の候補者討論会が19日、西部ネバダ州ラスベガスで開かれた。他の候補より遅れて昨年11月に出馬を表明した中道の前ニューヨーク市長ブルームバーグ氏(78)が初登場したが、マイノリティー(少数派)に対する差別的な扱いを正当化するかのような過去の発言を巡って他の候補から集中砲火を浴びた。

 ニューヨーク市警は不審者とみなした人物への所持品検査を頻繁に行う犯罪対策を導入したが、対象が黒人やヒスパニック(中南米系)に偏っていたとの批判が噴出した。

関連記事