水槽内でひときわ目立っている白いズワイガニ=2月19日、福井県坂井市の越前松島水族館

 福井県坂井市の三国港で、全体が白いズワイガニが水揚げされた。2月19日から同市の越前松島水族館で展示され、来館者を驚かせている。

 捕獲したのは三国港機船底曳網漁協所属の天越丸。船長(57)によると、14日に三国沖の北西25キロで操業していた際に網に掛かった。白いズワイガニは1年に1度見られるかどうかという。船長が水槽に入れて保存していたが「多くの人に見てもらいたい」と同館へ寄付した。

 白いカニは足を広げると体長約60センチ。同館によると、本来は茶褐色の殻が突然変異の白化現象で白くなった可能性があるという。同館では他のズワイガニやケガニと同じ水槽に入れており、触ることもできる。

関連記事